スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピーカーを置くことにした

ども~

自作PCを使うようになりノートPCの出番がなくなってしまったので売ることにしました
持ち運ぶのに15インチはやっぱり大きいことが分かったんで次は小型の11インチぐらいのノートパソコンか
WindowsとAndroidのデュアルOSのタブレットを買おうと思います(*^_^*)

今回はノートパソコンが無くなり寂しい机周りになってしまったのでスピーカーをもう一度置くことにした、という記事です

まずスピーカーを改造していきます
使用するのは左上のターミナル端子です
デジットで1個210円でした
IMAG1028.jpg

卒研室にあった木材を加工し上の端子を取り付けます
本当は黒で塗装したかったんですが家に塗料がなかったんで木目のまま使うことになりました
IMAG1034.jpg

で、スピーカーに取り付けます
やっぱり黒のほうがかっこよかったかなと思いますが裏なんでそんなに気にならないです
IMAG1035.jpg
写真を撮り忘れましたが元は穴からケーブルが出ているだけでした
今回ケーブルの長さが足りなく、交換もできないので思い切ってターミナル端子を取りつけ交換できるように改造をしました

ケーブルはアマゾンブランドの物を使用します
15mが998円で30mが1280円だったので300円の差なら…と30mを購入したんですがやっぱり要らなかったですね(笑)
25mぐらい余ってます(笑)
IMAG1146.jpg


次はFostexのPC100USBというDACです
DACとは何なのか詳しく知りたい方はぐぐってみてください
簡単に言うとデジタル信号からアナログ信号への変換器です
もちろんPC内には標準で搭載しているんですがPC内はノイズが多く変換の過程でノイズが入り込むことがあるらしいです
DACを使用することによりPC内ではデジタル信号のみを扱い、外部(DAC)でアナログへ変換するのでノイズが少なくなるらしいです。
音は比較してないのでよくわかりませんが自分は見た目がカッコイイという理由で買ったんで満足してます
IMAG1137.jpg
標準ではLINKのLEDは緑なんですが例によって気に入らなかったのでオレンジに変えてます


次はアンプです
アンプは今までホームセンターのよくわからんメーカーのやつだったり100均のボリュームアンプの中のオペアンプを
データシートを見ながらそれっぽい部品でステレオ化したものだったりとまともなものがなかったので買うことにしました

アンプを選ぶ基準としてTA2020というデジタルICを用いたものが評判がとてもよかったのでそれを中心に探しました
やはり見た目重視でS.M.S.LのSA-36が気に入ったんですが販売が終わってました
他のTA2020搭載のアンプもほとんど販売が終わっており、残っているのは価格が高かったり見た目がダサかったり…

仕方なくSA-36の”一応”後継機のSA-36proを購入しました
一応というのはデジタルICがTA2020からTPA3118というものに変わっていて音の傾向が全く違うらしいです
カッコイイので良いんですが、やっぱりTA2020の音も聴いてみたかったですね

IMAG1131.jpg

実は3年以上前からアンプについて書いてたんですね
ホントこの時買っておけばよかったと後悔してます
久しぶりに欲しい物♪ http://z34r32.blog46.fc2.com/blog-entry-260.html
アンプの見た目のセンスが変わってないですねw
スポンサーサイト

PC内部

ども~
書きたいことが溜まってきているので早めに書いていきます
予定通りPCについてです

DVDドライブはAmazonでベストセラー一位のAsus製の物をとりつけました
商品画像が白黒でカッコイイと思い選んだんですが実際届くと…
20130510115101_786_.jpg
IMAG1124.jpg
黒とグレーでした(笑)
古そうな見た目でケースに全く似合ってませんね
5インチベイのカバーがあって良かったです


次は内部です
やっぱりマザーボードは黒の基板のものを選んで正解でしたね
ヒートシンクもカバーを取り外し黒にしてシンプルになり良かったと思います
IMAG1128.jpg
HDDは予定通り1TBのものを取り付けています

後はCPUクーラーとスリーブケーブルなんですがどちらもあまり必要なさそうなので余裕ができたらということにしておきます

PC台を作ってみた

どもー
今回はPC内部の記事にする予定だったんですが、タイトル通りPCの台を作ったので記事にしました
PC内部はもうすぐDVDドライブが届くのでその時にまとめて記事にしようと思います


以前、PCのホコリ対策について調べていると、部屋の下30cmはホコリが多くPCを少し上に上げてやると良いとありました
IMAG0966.jpg
はじめは100均の発泡スチロールのブロックを3つ重ねた状態で使ってたんですが、部屋やPCケースの雰囲気に合ってないですよね
そこでPCケースに合わせたPC台を作ることになりました


用意したのは180*25cmの化粧板、脚、キャスター、木ネジです

PCのサイズから奥行きは75cm、幅は25cmがちょうど良さそうでした
ホームセンターに見に行ったんですがやっぱりちょうどの物は売っていませんでした
長さが少し短い60*25の板にするか切る必要がある180*25の板にするか迷った結果、余った板が何かに使えるだろうと言うことで180*25のものを買うことに

脚は家にあった、IKEAの999円の机のものを(勝手に)使用しました
31CLfEJtHPL.jpg


板はキモオタくんが運んでくれました

IMAG1003.jpg
うまるちゃん面白いです


いきなりですが完成です!
IMAG1029.jpg
はじめはIKEAの机のように天板と脚だけにしようと考えてたんですが、キモオタくんの案で上下に板を使うことにしました
結局板は上下で150cm使ったので30cmしか余りませんでした
ルンバは通れないようになりますが、こちらの構造の方が安定感があって良かったと思います
あとルンバは持っていません

また、発泡スチロールと比べ高くなりホコリが入りにくく、見た目のバランスも良くなったように思います


余った30cmの板は早速使っていきます
IMAG1019.jpg

Q.何が出来上がるのでしょうか?

NZXT Phantom届きました! LED交換

どもー
ようやく先週に届いたNZXTのPhantomですが組み立て、LEDの交換を行いました

IMAG0918.jpg
箱がとても大きく、部屋まで運ぶのに苦労しました
さっそくマザボ、グラボ、電源などを固定しケーブルでつないでいきます
中身はまた次回載せたいと思います


次に本体の青色LEDを交換していきます
Phantomには3mmLEDが7個、上部の20cmファンに別に4個使われています
自分はファンのLEDは点灯させるつもりは無いので交換しませんでしたが、点灯させたい方は合わせて交換するとおしゃれかもしれません
上のカバーを外します
IMAG0919.jpg

さらにネジを外していくとLEDが現れます
IMAG0921.jpg
奥側はファンの接続確認用のLEDで、手前は電源とHDDのアクセスランプです。

IMAG0922.jpg
LEDを用意した白色LEDに交換します
青色LEDと白色LEDは電圧がほぼ同じなので簡単なのですが、赤やオレンジ、緑のLEDを使いたい場合は抵抗を入れたほうがいいと思います

IMAG0923.jpg
基板側は黒の台座にLEDが入らなかったので使用せずに取り付けました
足を曲げた時に元の青色LEDと同じ高さになるように調整します

IMAG0925.jpg
すべての交換が終わり点灯確認をします
この後、基板のLEDの足を曲げました

すべてが正常に点灯することを確認、もと通りに組み立てると・・・・

続きを読む

いつ発送されるんでしょうかね…

どもー
前回に引き続き自作PCの見た目と必要なものについて書いていきまーす


まずケースのNZXT Phantom WTです
phantom-case-white.jpg
白黒なのはもちろんですがこのSFの様なデザインに一目惚れだったんですよね
こんなデザインのものはNZXT以外あまり無いのではないでしょうか
ただ、所々に使われている青色LEDがあまり好きではないので、外すか白に換装したいと思っています
いつ発送されるんでしょうか…


次は前回マザボードの所で言っていたヒートシンクについてです
塗装するとしたら耐熱の塗料のほうが良いかなぁ~と思いながら隙間にマイナスドライバーを突っ込むと剥がれましたww
IMAG0835.jpg
剥がしたらシンプルでかっこいい黒のヒートシンクが出てきました
どうやらヒートシンクの上からアルミのカバーを貼ってただけみたいです

IMAG0836.jpg
少し両面テープが残ったのでパーツクリーナーで落とします

IMAG0852.jpg
シンプルになりました
CPUクーラーと電源ケーブルの色が気になりますね


次は必要・欲しい物についてです
・HDD/SSD
前回はSSDが欲しいと言っていましたが予算の都合で1TBのHDDになりそうです
SSDはもう少し安くなってほしいですね~

・CPUクーラー
今はオーバークロックしていませんが、せっかくKのCPUとZのマザーを選んだのでいずれすることになると思います
それに大きいCPUクーラーはかっこいいですよねw

・スリーブケーブル
電源ケーブルが派手なんで赤か白にスリーブ化したいと思っています
ただどちらの色が良いか迷ってるんで最後に合成して比較してから決めます
41iqwqlt11L.jpg


こんなもんですかね
HDDに関しては早めに欲しいので明日にでも探してきたいと思います

遂に…

どもー
遂に念願の自作PCを作ることができましたー!!
といってもまだ途中なんですけどね^^;

IMAG0799.jpg
選んだパーツです↑

・スペック
CPU:Core i7 4790K
 メモリやHDDと違い後々の増設ができないんで一番いいものを選んでおきました

GPU:msi R9 280X Twin Frozr 4S OC
 GeforceとRadeonで迷ったのですが3DCADを使用するときのためにOpenGLにも力を入れているRadeonにしました
 お金があればDirectX用とOpenGL用の2台を自作するんですけどね><

マザボ:GIGABYTE Z87X-UD3H
 Haswellが載るというのはもちろんですが、オーバークロックができる、基板が黒でかっこいい、安い、という理由で選びました
 ケースを開けたときでも様になるよう黒がメインの基板にしています
 ただ、ヒートシンクがシルバーと青なので塗装をするなどしてシンプルにしたいです

メモリ:Team DDR3 1600MHz 4GB*2
 緑の基板が嫌で黒いものを探した結果このメモリになりました
 いずれは4GB*2を追加して16GBにしたいと思っています

電源:KEIAN 静か 600W
 ・安い・黒い・プラグイン式という点で選びました
 プラグイン式は必要なケーブル以外は外しておけるのでケース内部がすっきりします

HDD/SSD:昔のパソコンからとってきたもの 200GB
 タダです
 遅いです
 SSD買います

ケース:NZXT Phantom WT
 まだ届いていないんですが一目惚れで自作するときはこのケースを使おうと思っていました
 このケースを知らなければ真四角のシンプルなものを選んでいたと思います

ほとんどのものを見た目で選んでますね…(笑)


これで最低限必要なものは揃ったので早速繋げて起動してみます…
IMAG0802.jpg

と思ったんですが起動しない…
結論を言うとマザーボードのBIOSが原因でした
実は同じ第4世代のCPUでもHaswellとHaswell Refreshの二つに分けられるんですよね
どちらもソケットは同じLGA1150というものなのですがマザーボードが古いためHaswellまでしか対応しておらず、Haswell Refreshを使用するにはBIOSを更新する必要があります
ただしBIOSを更新するためにはHaswellのCPUが要るんですよねw
AsusなんかのマザーボードだとCPUを使用せずUSBメモリのみでBIOSを更新できるみたいです

ここで自分の解決策は…
1.HaswellのCPUを借り、BIOSをアップデート
2.HaswellのCPUを買い、BIOSをアップデート
3.マザーボードを買う
4.PC専門店にBIOSアップデートを依頼する
の4つです

1は周りにHaswell無印が居なかったのでパスしました
残りですが金額を計算します
2は一番安いCELERON G1820が6000円
3は10000円前後
4は近くのPC工房に聞くと6000円とのことでした

2と4が同じ値段なら2ですよね??

IMAG0808.jpg
買ってきました
実際は中古のCPUがあったので少し安く済みました
似たような2つですが1桁も値段が違うんですね…

で、マザーボードに買ってきたCPUをセットすると無事に起動することができました(*´ω`*)ホッ
IMAG0806.jpg

あとはスムーズに進み最終的にCPUを変更しグラボを挿して1段落です
IMAG0812.jpg

またケースが届くまでの間に見た目と今後必要なものを記事にしたいと思います

プロフィール

R32

Author:R32
tubeicon_20170114141457409.png nicoicon_20170114141455eaa.png twiicon_20170114141458c3d.png

最新記事

カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。