スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレーキライトの制作


ブレーキライトを制作しました
簡単に見えて実は3代目です

1代目はロボコンから拝借したスイッチを使用
2代目はマウスから分解したスイッチを使用
ときたのですがどちらも自転車のVブレーキへの固定ができず断念

そして3代目の磁気スイッチというわけです
磁気スイッチは100均のセンサーライトから部品をとったもので、防水とするため、収縮チューブを被せてます

手書きですが一応回路図
ブレーキライト
あまり好ましくないですが赤色LED5個を並列にして抵抗をつけています

スイッチを入れると、3.0Vで120Ωの抵抗を付けているため1個あたり数mAが流れ、暗めに点灯するようになってます
ブレーキを踏み磁気スイッチがオンになると30Ωの回路が繋がり、(120*30)/(120+30)より
全体で24Ωとなり120Ωの回路の時より多くの電流が流れ明るさが増します
これによって実車のようなライトの点灯の仕方に近づけました
明日は装着してみたいと思います

コメント

メリー・クリスマス

こんばんは いつも訪問有難う御座います

良い一日をお過ごし下さい。

Re: メリー・クリスマス

丁寧にありがとうございます
非公開コメント

プロフィール

R32

Author:R32
tubeicon_20170114141457409.png nicoicon_20170114141455eaa.png twiicon_20170114141458c3d.png

最新記事

カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。