スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遂に…

どもー
遂に念願の自作PCを作ることができましたー!!
といってもまだ途中なんですけどね^^;

IMAG0799.jpg
選んだパーツです↑

・スペック
CPU:Core i7 4790K
 メモリやHDDと違い後々の増設ができないんで一番いいものを選んでおきました

GPU:msi R9 280X Twin Frozr 4S OC
 GeforceとRadeonで迷ったのですが3DCADを使用するときのためにOpenGLにも力を入れているRadeonにしました
 お金があればDirectX用とOpenGL用の2台を自作するんですけどね><

マザボ:GIGABYTE Z87X-UD3H
 Haswellが載るというのはもちろんですが、オーバークロックができる、基板が黒でかっこいい、安い、という理由で選びました
 ケースを開けたときでも様になるよう黒がメインの基板にしています
 ただ、ヒートシンクがシルバーと青なので塗装をするなどしてシンプルにしたいです

メモリ:Team DDR3 1600MHz 4GB*2
 緑の基板が嫌で黒いものを探した結果このメモリになりました
 いずれは4GB*2を追加して16GBにしたいと思っています

電源:KEIAN 静か 600W
 ・安い・黒い・プラグイン式という点で選びました
 プラグイン式は必要なケーブル以外は外しておけるのでケース内部がすっきりします

HDD/SSD:昔のパソコンからとってきたもの 200GB
 タダです
 遅いです
 SSD買います

ケース:NZXT Phantom WT
 まだ届いていないんですが一目惚れで自作するときはこのケースを使おうと思っていました
 このケースを知らなければ真四角のシンプルなものを選んでいたと思います

ほとんどのものを見た目で選んでますね…(笑)


これで最低限必要なものは揃ったので早速繋げて起動してみます…
IMAG0802.jpg

と思ったんですが起動しない…
結論を言うとマザーボードのBIOSが原因でした
実は同じ第4世代のCPUでもHaswellとHaswell Refreshの二つに分けられるんですよね
どちらもソケットは同じLGA1150というものなのですがマザーボードが古いためHaswellまでしか対応しておらず、Haswell Refreshを使用するにはBIOSを更新する必要があります
ただしBIOSを更新するためにはHaswellのCPUが要るんですよねw
AsusなんかのマザーボードだとCPUを使用せずUSBメモリのみでBIOSを更新できるみたいです

ここで自分の解決策は…
1.HaswellのCPUを借り、BIOSをアップデート
2.HaswellのCPUを買い、BIOSをアップデート
3.マザーボードを買う
4.PC専門店にBIOSアップデートを依頼する
の4つです

1は周りにHaswell無印が居なかったのでパスしました
残りですが金額を計算します
2は一番安いCELERON G1820が6000円
3は10000円前後
4は近くのPC工房に聞くと6000円とのことでした

2と4が同じ値段なら2ですよね??

IMAG0808.jpg
買ってきました
実際は中古のCPUがあったので少し安く済みました
似たような2つですが1桁も値段が違うんですね…

で、マザーボードに買ってきたCPUをセットすると無事に起動することができました(*´ω`*)ホッ
IMAG0806.jpg

あとはスムーズに進み最終的にCPUを変更しグラボを挿して1段落です
IMAG0812.jpg

またケースが届くまでの間に見た目と今後必要なものを記事にしたいと思います

コメント

OSは?

Re: タイトルなし

まだやで
Windows7にしようと思ってる
非公開コメント

プロフィール

R32

Author:R32
tubeicon_20170114141457409.png nicoicon_20170114141455eaa.png twiicon_20170114141458c3d.png

最新記事

カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。